うつの克服法【専門治療と合わせて周りの接し方が大切】

  1. ホーム
  2. 周囲のサポート

周囲のサポート

悩む人

本を読んで学ぼう

厚生労働省による平成26年のうつ病患者調査では111万人を超える総患者数がおり調査を開始して以来、最多となっています。トップは40歳代で約20%、60歳代で約18%、50歳代で約15%になります。これだけうつ病を患っている人がいると友達にもいるという人も少なくありません。
正しく「うつ病」のことを知っていないと、その方への対応も誤ったものになってしまいます。方法としては様々あると思いますが、まずは本屋さんで1冊から2冊「うつ病」について精神科医が書いた本を読んで知識を蓄えることで基本的な接し方を学ぶことができます。この時、選ぶ本は基本的なことが網羅されているもの、そして、なるべく最近発刊された本の中から読みやすそうなものがオススメです。

禁句に気をつける

うつ病の方への対する接し方に、「こうすべき!」といったような決まり事のようなことはありません。これは、うつ病を含む精神疾患と言うのは、非常に、個別性の高い疾患であり治療法も人それぞれ違うからです。また、うつ病の場合は、その時々によって、患者側の精神状態がバラバラであるためひとつの方法では当てはめられないからです。
そうは言っても、基本的に共通して実行した方が良いポイントもあり、それが「禁句と言われる言葉は使わない」ことです。禁句というのはあからさまにネガティブな言葉ではなく、普通に接している言葉や態度によって相手を追い詰めてしまうものがあります。こうした言動を重ねると、うつ患者にとっては大きな心の負担となってしまうので十分注意しないといけないでしょう。
特に「励ます言葉」「自分の感情的になった言葉」「うつ病を軽視するような言葉」といった言葉は、知らず知らずのうちに出てしまう可能性があるので、口出しする時に十分気をつけるとともにほかの言い回しや言葉を考えておくといいです。

職場での対処法

うつ病を患った人との職場での接し方で注意することの中に「負担を減らすこと」です。職場において、うつ病の人と接する際、その人が負担に感じていることを減らすことも重要です。例えば、仕事の量が負担になっているのであれば、仕事量を減らしましょう。その際も、その人が負担だろうからという言い方ではなく、職場でより効率よく仕事を回そうといった別の名目を出すといいですね。また、仕事の共有化という名目で、仕事を基本2人体制にし、うつ病の人が1人で抱え込んで悩まないようにすることもアイデアの1つです。